htmlメールとはどのようなメールなのか

htmlメールとは、その名のとおりWebサイトのレイアウトやデザインなどで使用されるhtml言語を使用して書かれたメールのことです。インターネットのWebページはhtmlによって文字を装飾したり、画像を配置したりなどさまざまな表現ができますが、それをメールにも応用することで、メール本文内に文字だけでなく、画像を配置したり、テキストにさまざまな装飾を施したりなど変化をつけることができます。htmlを使わずに、文章だけで構成された一般的なメールを「テキストメール」と呼び、いままではこうしたメールが主流でした。もちろんビジネスの現場ではいまでのこのようなテキストメールが多く用いられていますが、一方で消費者向けのメルマガなどBtoCのビジネスではhtmlメールが多く活躍しています。

htmlメールのメリットとデメリット

htmlメールを作成するメリットはなんでしょうか。その1つはメールの内容をより豊かにすることができるという点です。例えば、変化のないただの文字情報だけでは伝わりづらいことも、画像を本文に混ぜてみたり、メールの本文に色をつけたり、文字を大きくしたりということも視覚的な訴求をしたりすることができます。実際に文字だけが並んでいる情報よりも、きっちりデザインされたWebサイトのように、文字のサイズ、文字の配置、色、画像などがデザインされたメールの方がより情報が伝わりやすくなり、このことから特にメルマガなどで重宝されます。しかし、一方htmlメールのデメリットとして、Webサイトの構築と同じようにhtmlの知識が求められるので、やはりテキストメールに比べて作成に手間がかかることが1つ。さらに、htmlメールにはウイルスなど悪意のある仕掛けをhtmlの記述のなかに忍び込ませることができるという危険性もあり、受信側でhtmlメールの表示を無効にされているケースもあります。

メールを使ったマーケティングにも有効

htmlメールのその他のメリットとしてあげられるのが、マーケティングにも有効という点です。多くのwebサイトではhtml内のタグの中にある記述を埋め込むことでWebサイトへのアクセス分析をすることができますが、それと同じように、htmlメールの場合でも、タグのなかにある記述を埋め込むことで、そのメールが実際に開封されたのかなどの情報がわかります。こうすることで企業にとっては配信したメルマガがどれだけ効果があったのか、メルマガ内のどの部分がクリックされたのかなどマーケティングにつながるさまざまな情報が得られる点で非常に有効です。このような「メールの開封率」という情報は普通の「テキストメール」で測定することはできません。ただ、メールソフトの多くは、htmlメールの受信を有効にするかどうか設定ができ、前に触れたようにセキュリティーの観点からその設定をオフにしている人も多いです。その場合は受信側では普通のテキストしか表示されず、開封の効果もわかりませんので、こうした効果測定は万能でないという点には注意が必要です。