上手なhtmlメールの使いかた

htmlメールはテキストメールと比較すると画像、映像、音声、文字の装飾など幅広い表現をすることができるため、企業が広告として利用することが多いメール形式です。しかしhtmlメールは何も企業が利用するだけのものではなく、一般ユーザー、特にIT系に関係ない仕事をしているようなhtmlに関する知識がない人でも、簡単に作成することができます。一般ユーザーでもブログを持っていて定期的に登録ユーザーにメールを送る人もいます。htmlメールはさまざまなことができる反面、1通作るのにもテキストメールより時間のかかる形式ですので、しっかり読んでもらうメールにする必要があります。一般のネットユーザーがhtmlメールを利用する場合、どのような利用方法があるのでしょうか。

最近送ることが少なくなったお便りの代わり

インターネットの普及によって、暑中見舞いや年賀状をハガキで送る人の数は減ってきています。代わりにメールで済ます人も多く、特に若い世代ではハガキ離れが深刻です。紙で送られた年賀状は形として残るため素晴らしいものですが、htmlメールの年賀状も面白いアイデアを盛り込むことができるため、印象的な内容にすることができます。また、地元から遠く離れている人は動画を張り付けて実家にお便りをするのも良いでしょう。ビデオレターの代わりにすることができるのです。複数の写真を張り付けて装飾すれば、アルバムのようなメールを残すこともできます。実物には実物の良いところがありますが、データも1つ1つ作り上げるものですので、大切な人にhtmlメールを送るのも良いかもしれません。

ビジネスチャンスがあるhtmlメール

特に多数の購読者がいるブログを開設している人にとっては、htmlメールはビジネスチャンスでもあります。ブログ自体にアフィリエイト広告を出している人も多くいますが、メールのアフィリエイトもあるのです。テキストメールではなかなかリンクを押してもらうことができない場合でも、htmlメールでは画像を張り付けることができるため、購読者の注意を引くような広告があればアフィリエイト収入を得ることができるチャンスになります。ただし広告ばかりを載せたメールは嫌がられてしまうことがありますので、過度にアフィリエイトをアピールするようなメールには注意したほうが良いでしょう。メールの内容にあった広告を、紹介という形で載せてあげるとクリック率が高くなるでしょう。メール購読者は基本的に特定のものに興味があって登録していますので、購読者が好む広告を選ぶことが重要です。