htmlメールとテキストメールの違い

htmlメールとテキストメールの違いは何でしょう。これまで、メールと言えばテキストメールが中心でしたが、メールマガジンやニュースレター、新製品のお知らせメールなど、htmlメールを使う場合が増えました。テキストメールとは、テキストつまり文書のみで構成されていて、一般的なメールは、ほぼこの形式でやりとりされると言えます。また、メルマガなどの場合には、文字や記号で飾り付けたり、段落や行間などを工夫して、見た目の良い読みたくなるメールを作成することも出来ます。一方のhtmlメールは、本文をhtml言語で記述した形式のものです。テキストメールでは実現が不可能な、画像の挿入やフォントサイズの変更、難しいレイアウトやコンテンツの表現を実現できます。

htmlメールとテキストメールの特徴

htmlメールとテキストメールの特徴をそれぞれ比較して考えてみましょう。テキストメールとは、文書のみで構成されるメールです。専門的な知識がなくても作れるので、個人やビジネスメールでは、まだまだテキストメールが主流と言えます。また、htmlメールとは、ホームページのように、本文中のフォントの色やサイズ、文字を装飾したり、絵や音声を貼り付けられ、表現の自由度が高いメールです。文章だけではなかなか伝えにくい表現も、画像などを使って、受信者にわかりやすいメールを作成することが可能です。それに、受信者のメールの開封をチェックできたり、テキストメールに比べてクリック率が高いため受信者の良い反応が期待できるので、マーケティング目的のメールとしてはたいへんなメリットあるものです。

htmlメールとテキストメールの利用

htmlメールとテキストメールのメリットとは何でしょう。テキストメールのメリットは、何と言っても、誰でも簡単に書ける事です。そして、画面に表示される状態が、受信側のパソコンやスマートフォンなどの環境に影響されにくいのと、ファイルサイズが小さいのもたいへん良い点です。一方のhtmlメールは、実際の商品の写真や動画で視覚的に表現できるため、受信者からのクリック率が高い点がメリットです。htmlメールが簡単に作成できるような、無料のツールもありますので、いろいろなツールを活用して、マーケティングや営業活動に役立てましょう。また、htmlメールのフォーマットを使いながら、テキストのみのメールを送る方法もありますので、どちらのメリットもいかしたい場合はたいへん有効です。