htmlメールを出す前に注意することは

htmlメールは、従来のテキストに加え、htmlの構文による表現が可能で、メールそのものに機能を持たせたり、彩を添えたり出来ます。htmlは、主にホームページに使用され、テキストだけではなく、クリックするだけでアドレスへ移動できるリンクを貼ったり、画像を表示させたりするなど、さまざまな表現が可能です。htmlメールは、対応メールクライアントで受信、閲覧する事で、メールでありながらも、まるでホームページを訪れたかのような画面を表示させる事が可能で、利便性や表現の幅を広げる方法のひとつです。しかし、その豊かな能力とは裏腹に、標準的なテキストメールとは違い、ひとつ間違えれば受信側に迷惑をかける可能性があり、htmlメールを出す前に、注意しなければならない事がいくつかあります。

ウイルス扱いになってしまうことも

昨今のメールによるウイルスのひとつに、添付ファイルがあり、それを開く事でウイルスに感染し、大切な個人情報が盗まれる事例があり、先日も大手企業等で騒ぎがあったことも記憶に新しいところです。htmlメールも当然添付ファイル扱いとなり、ウイルス対策ソフトや、プロバイダーによっては、万が一のトラブルを避けるために、htmlメールをウイルスと同様に扱い、自動的に削除したり、ごみ箱に送信される場合があります。もちろん、相手にこちらの表現を伝えるひと工夫としてhtmlメールを使用した場合は、まったく悪意も無く、犯罪性もありませんが、未知のウイルスも想定し、判らないファイルが添付されたメールについては、セキュリティの面から削除を徹底するケースが増えています。ですから、htmlメールを送信する際は、あらかじめ相手方に送信する旨を伝える事と、htmlメールを受信できる状態にあるかを確認する必要があります。

htmlメールを送信する前に中身の確認を

htmlは、立派なプログラミングの一種です。簡単に作成できるツールを使ったとしても、どんなにしっかり入力したとしても、ごく稀であるとは言え、バグが含まれていることがあります。せっかく豊かな表現を相手に伝えようとしても、バグにより正常に表示できないなら意味はありませんし、間違ったアドレスに飛んだり、クラッシュしてしまう事があれば、相手に迷惑をかけてしまう事にもなり兼ねません。htmlメールの送信前には、必ずプレビューをして動作を確認して、本当にこれを相手に送信してもいいのか、よく確認、検討する事が必要です。htmlメールは、上手く利用する事が出来れば、利便性を高めたり、表現を広げる事の出来る有用なものであり、ルールやマナーを守って、楽しく利用したいところです。